富山県黒部市 公共交通で行こう!

コミュニティ通信 黒部市内の公共交通の取り組みや積極的に利用している市民の皆さんをご紹介します

みんなで作る公共交通 黒部市の取り組み

黒部市は公共交通とまちづくりをテーマにさまざまな取り組みを行っています!

  • 第26回、27回、28回「黒部市公共交通戦略推進協議会」
    第2次黒部地域公共交通網形成計画(2020年度から5か年)策定に向けた協議会 ※議録・資料は「公共交通で行こう!」HPをご参照ください。(第29回会議は令和2年2月下旬以降開催予定)

  • 利用者目線でのバス停の見直し、富山地方鉄道・荻生駅のリニューアル
    バス停の屋根・ベンチを設置および名称の変更、駅待合室を地域交流スポットとして快適化

  • 無料公共自転車「ちょいのり黒部」PR、ちょいのりステーションの増設

  • 黒部宇奈月温泉駅乗降調査および公共交通に関わる市民アンケート

  • 県・市町村統一ノーマイカー運動への集中取り組み

  • 新幹線生地線利用状況に合わせたルート見直し

  • 黒部ワンコイン・フリーきっぷ「くろワンきっぷ」開催支援 ほか


みんなで作る公共交通 黒部市の取り組み

ひろびろ待合室と屋根付きホームで快適に富山地方鉄道 荻生駅が完成

4月の明峰中学校開校にともない、昨年12月に荻生駅を旧駅舎の線路の向かいに移設・新築しました。待合室のほか、男子・女子トイレと多機能トイレを設置。新しい荻生駅をぜひご利用ください。

富山地方鉄道 荻生駅

バスの待ち時間にほっとひと息 メルシーのバス停に屋根とベンチを設置

昨年12月、待ち時間を気持ちよく過ごせるよう工事を進めていた屋根とベンチ付きの待合所が完成しました。メルシーは南北循環線、池尻線、石田三日市線の3路線が乗り入れ、多くの方が利用されています。標柱だけのバス停から待合所に変更することで、雨の日や暑い夏など、メルシーへのお買い物がより便利になりました。

メルシーのバス停

使いやすさはわかりやすさからバス停の名前を変更します

目的地や地域の要望に応じて、バス停の名前をわかりやすく工夫しています。4月から4路線4か所のバス停の名前を変更する予定です。
※いずれもバス停の位置は変更なし

バス停の名前を変更

バス情報を簡単にキャッチ とやまロケーションシステム本格運用

「とやまロケーションシステム」は、パソコンや携帯電話で県内全域の路線バスの情報を提供するサービスです。昨年11月18日から本格運用となりました。

バス停の名前を変更